岐阜提灯〜江戸時代から続くあかり文化

岐阜提灯(きふちょうちん)

岐阜県
経済産業大臣指定伝統的工芸品
■ 解説
岐阜提灯は、岐阜県岐阜市で生産される伝統的な提灯です。
その昔、現在の美濃市周辺で漉かれた“美濃和紙”は長良川を下り、金華山の麓の川湊に軒を並べる紙問屋に集まりました。
その美濃和紙と、豊富にある良質な竹、技を持つ竹細工職人や木工職人が揃っていたことで岐阜提灯は作られるようになりました。
岐阜県の提灯の生産額は全国一で、福岡県の八女提灯と並び、日本の二大生産地となっています。
■ 歴史
今から約300年ほど前、江戸時代に岐阜提灯は作られるようなったようです。
いつから作られるようになったのかはっきり判っていませんが、江戸時代の17世紀中頃、徳川三代将軍 家光に岐阜提灯が献上されたとの記録が残っており、当初は尾張藩への献上品として作られていました。
18世紀中頃に、現在の岐阜提灯とほぼ同様の薄紙と細い竹ひごでを用いた卵形の形状になり、日本各地へと広がっていったようです。
江戸時代の末頃、提灯の火袋(ロウソクなどの明かりを覆う紙の胴部分)に草花や鳥などが描かれるようになった優美な岐阜提灯は、お盆や祭事などの特別な日に飾る高級提灯として使われていました。
ただ、この頃の岐阜提灯は高級品で生産量は余り多くなく、また日用使いの提灯ではなかったため庶民には知られていなかったようです。
明治になると岐阜提灯は衰退し始めます。しかし海外の博覧会で評価されたこと、また明治天皇の行幸の際に話題になったことで、全国に知られるようになりました。
1950年代、日系アメリカ人の彫刻家イサム・ノグチが岐阜提灯を新たにデザインし製品化した「AKARI」シリーズは「光の彫刻」と称され、世界中で人気があります。

1995年(平成7年)4月5日、通商産業省(現 経済産業省)により伝統的工芸品に指定されました。
外部リンク:岐阜提灯協同組合
外部リンク:AKARI(株式会社オゼキ)

このページを評価してね!(SNSアカウント不要)励みになります。

いいね! (現在のいいね!: 2 件
読み込み中...